デスクワークなどの疲れに効くコールドプレスジュース

私は健康食品などには目がないのですが、最近流行ってきている飲み物系の健康食品としてはやはりスムージーが有名ですが、それ以外にはコールドプレスジュースというものがあると思います。これは普通のジューサーではなく低回転での圧搾ができるジューサーを使ってゆっくりと作るものであり、その果物や野菜の栄養素を凝縮することができる飲み物なんです。しかも固形物を低速でしっかりと攪拌するために味はダイレクトに出るのですが、なにしろ胃腸の消化にも優しいといったもので、ちょっと前からレシピサイトなどで自分なりに色々なものを試してみています。
満喫ライフ8
私の仕事というのはデスクワークでパソコンを中心に使うために、まずこのコールドプレスジュースのレシピで気になったものはブルーベリーを使った眼精疲労に効果があるものでした。コールドプレスジュースは味がダイレクトに出るため、まずは果物だけのベリー系統のものを試してみましたが、やはりブルーベリーとブドウを混ぜたものはシンプルながら甘さが出ていてとてもおいしいかったです。しかし調べてみると眼精疲労に効果がある食品としては、ルテインが含まれるほうれん草、βカロテンが含まれるパパイヤなどを含むといいということで、こちらも混ぜてみました。ブルーベリーが30粒程度のところにパパイヤが大体一個入れて、あとはほうれん草は一枚か味をみてお好みで入れました。流石にこれだけだとまだ野菜の臭いがきついので、お好みでハーブやミントやレモンなどを入れたところ非常に飲みやすくなって成功しました。
さてこの自分なりのレシピで仕事終わりに帰宅した後に飲み続けたのですが、やはり朝方の目覚めに関して目の重い感じが段々と改善されてきたのには驚きました。やはり成分が凝縮されているために、通常で摂取するよりかは遥かに効果があるらしく、日中の仕事もかなり捗るようになりました。まだまだ試したいレシピがたくさんありますし、コールドプレスジュースは奥が深いなと思います。